太陽光発電で次世代エネルギー 太陽光が注目される理由は何でしょう

メーカーで見る太陽光発電

太陽光発電システムを作っている会社、すなわちメーカーはいくつかのものを選ぶことができます。
国内ではたくさんのメーカーが太陽光発電システムを作っています。
今回はその中でもメジャーで人気のあるメーカーを紹介していきます。
Panasonic(パナソニック)
パナソニックの太陽電池は他社と異なりHITを採用しているということが特徴です。
結晶とアモルファス(ガラス構造)を組み合わせたハイブリッド構造となっているので、業界最高水準の発電量が得られます。
高温にも強いことがこのHITの特徴で、一般に効率が落ちるといわれている夏場でも高い発電効率が得られます。
モジュール変換効率は18.2%です・TOSHIBA(東芝)東芝の太陽電池は単結晶構造の電池であり、モジュール変換効率は19.3%と、非常に高い数値を誇っています。
現状ではこの数値は世界一の変換効率となっているようです。
太陽光発電パネルには発電効率が高いと評判の「アメリカのサンパワー社」のものを採用しています。
SHARP(シャープ)
シャープの太陽電池は単結晶構造の太陽電池です。
モジュール変換効率は16.9%と高く、国内でも人気のメーカーです。
世界で見てみてもる席の設置件数は1位となっています。
太陽光発電システムの製造に関しては長い歴史を持っており、50年以上の技術の蓄積があります。
MITSUBISHI(三菱電機)
三菱電機の太陽電池は多結晶パネルのものと単結晶パネルのものとの両方があります。
モジュールの変換効率は14.3%です。
大きさ、重量等はどちらも同じなので、よく調べて比較、検討をしてみましょう。
Kyocera(京セラ)
京セラの太陽電池は基本的に多結晶パネルを採用しています。
モジュールの変換効率は13.3%のサムライシリーズ(省スペース用)と14.2%のエコのルーツシリーズ(汎用品)が用意されています。
設置条件によって選ぶことができるので省スペースを意識する人であれば京セラを検討してみるのもよいでしょう。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>