太陽光発電で次世代エネルギー 太陽光が注目される理由は何でしょう

お得な理由

太陽光発電はお得だ!という話を色々なところでよく聞くのではないかと思います。
では、なぜ太陽光発電はお得だといわれるのでしょうか?
ここでは、太陽光発電がお得であるといった理由を紹介していきます。
電気代節約が可能
太陽光発電装置を利用して家庭で発電を行うと、これまでは買うしかなかった電力を自宅で作ることができます。
この電力は自然のエネルギー、つまりは太陽光を利用しているので、初期コストやメンテナンス費用を除外すれば実質ただで発電ができます。
太陽光発電装置を設置してしまえば、あとはずっとお得に利用できるということですね。
装置設置のための初期コストは高額ですが、長い目で見ればこの初期コストを取り戻すことも不可能ではないといわれています。
設置に補助金が出る
太陽光発電システムを設置するためにかかった費用の一部を、国や地方自治体(都道府県や市町村など)から助成してもらえます。
現在日本の国の方針として、火力発電や原子力発電に頼らないエネルギーの創出を目指しています。
国や地方自治体から補助金がもらえるのは、こういった背景があるからなのですね。
安い電力を利用
太陽光発電と電力会社が打ち出している夜間料金プランを組み合わせれば、さらに電気料金を安く抑えることができます。
一般に夜間は電力使用量が少ないといわれています。
そのため、特定のプランに申し込めば夜間の電気料金が安くなるというプランを電力会社が提供しているのです。
太陽光発電は太陽の出ていない夜の間には発電することができません。
そのため、夜間は電力会社から電気を買う必要があるのです。
そのときの夜間料金プランを利用していれば、よりやすく電気を利用することができるのです。
電力が売れる
電力会社と契約することによって、発電してあまった電力を電力会社に売ることができます。
晴れた日には発電量が使用量よりも多くなって余剰電力が生まれることがあります。
この余った電力を電力会社が有効に利用してくれるのです。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>